必要になったときにお店でレンタルできる紋付袴

紋付袴は男性が着用する和服の正装姿です。入学式、卒業式、成人式、結婚式などの行事で、紋付袴を身に着ける機会があります。この着物が必要になったときは、その都度にお店で借りる方が経済的です。購入すると高額な出費となってしまい、後々の保管も大変ですのでレンタルして着るのが良いです。紋付袴は着物屋だけでなく、着付け教室やネットの和服のレンタル専門のお店で借りることができます。レンタル料金の平均的な価格としては、黒の紋付袴で3万前後、色物の紋付袴で4万以上になります。高いかと思うかもしれませんが、平均相場以下の値段で借りるのは避けることをおすすめします。料金の値段が安い着物は生地が安っぽい作りの物が多く、行事に出る服装として失礼にあたる可能性があります。

ネットのサイトよりも、着物屋か着付け教室でレンタルしよう

男性用の着物は着物屋や着付け教室、ネットの和服のレンタル専門のお店で借りることができます。身近に着付けをしてくれる人がいる、自分で着付けができるという方以外は、ネットのお店より着物屋か着付け教室で借りるのが良いでしょう。ネットのお店は宅配で借りる着物が送られてくるので、自分で着物を着ることになります。着付けの本を見て行っても慣れていないと、仕上がりがイマイチになってしまいます。着物屋、着付け教室はオプションでお願いすれば、着付けをしてもらえます。当日にお店に着物を取りに行くついでに着付けができるので、用事を一度に済ますことができます。着付け同様にオプションでヘアセットもお願いできることがあるので、お店でやっているのなら一緒に予約しておくようにします。

お店で紋付袴を選ぶ方法について

必要な紋付袴をお店で選ぶ時は、着物の色と下につける袴の種類で決めるようにします。成人式などに出席するのに着用するのなら、着物は落ち着いた黒色の物にし下の袴は少し鮮やかな色を選びましょう。色物の着物も良いのですが、最近では成人式には黒色の紋付袴が人気になっています。逆に学生の内は入学式、卒業式に出るのに着用するのなら、黒色の紋付袴は不向きな面があるので着ないようにします。黒い着物は喪服をイメージさせるので、入学式や卒業式には合わない部分があります。白や暗さのない色の着物を選び、それを着て式に出席しましょう。紋付袴の色に合わせて羽織や帯、下駄なども合わせて選ぶと、統一感が出て着こなしが良く見えます。着物にも、その年の流行のタイプがあるので、お店の人に聞いてみることもおすすめします。