紋付袴のレンタルをするときにおさえておきたいポイント

日本の伝統的な衣装といえば、着物が挙げられますが、決して昔の物というわけではなく、現代においても様々なシーンで活躍する衣装です。結婚式やパーティなど、お祝いの席や格調の高い席ではフォーマルを着る事が必要になりますが、着物はフォーマルとして活用する事ができ、特に女性にとっては最も高い格調の服装として使用されています。こうした着物の中でも、特に格調の高いものとされるのが紋付袴ですが、人によっては祖父や父親の代から譲り受けた物を持っているという人もいます。しかし、新たにこうした紋付袴を買うとなると、決して安い買い物ではありませんし、かといってそれほど出番の多い衣装でもありません。一度や二度着るために新しく購入するのが負担になるという人は、レンタルサービスを利用するのも良い方法です。

店によって価格の異なる紋付袴のレンタル

結婚式やパーティなどで、急遽紋付袴を用意しなくてはならなくなったという時、新しい物を新調するにしても、費用ももちろんかかりますし出来上がるまで時間もかかるので、急ぎの時には間に合わないということもあります。また、人に借りるという手段もありますが、体型が合わなかったり、そもそも紋付袴を持っているという人の方が少数派ですので、持っている知り合いなどを探すのも簡単ではありません。また、運良く借りることのできる相手がいたとしても、家紋が違っているので付け替えをしなければなりません。レンタルの紋付袴であれば、必要な時にすぐに用意することができますし、各種サイズを取り揃えているので、サイズが合わないということもありません。また、様々な家紋に対応することができるので、急いでいるという時でも安心です。

紋付袴を着るときには小物も必要です

紋付袴をレンタルで用意出来たとしても、和装を着るときには履物やバッグ、扇子といった和装小物も揃えなければなりません。紋付袴を着るような場ですから、和装小物も何でも良いというものでもなく、きちんと場に合ったものを用意しておく必要があります。小物と言っても、一揃えを購入するとある程度の出費が必要になるので、金銭的な負担にもなりかねません。そこで、紋付袴をレンタルする時に、一緒に和装小物もまとめて借りるのがおすすめです。
レンタルサービスを行っている会社では、小物もセットにしたプランを用意しているので、自分で新たに購入しなくても和装の一揃えを用意してもらうことができます。借りる時や返却も宅配便が利用できるので、わざわざ店頭まで行く必要が無いというのも大きな利点です。