紋付袴をレンタルするならこうして選ぼう

大学の卒業式には男性は紋付袴を着ますが、これを自分で購入すると結構なお金がかかってしまいます。和服はそうそう着ることもないので、一度だけの行事に着るのみならレンタルで済ませてしまうのがおすすめです。紋付袴をレンタルしようと思ったら、まずは貸し出しをしている所を探すようにしましょう。女性用の着物の貸し出しはしていても、男性用の着物ではしていないという着物屋も多くあります。早めにチェックしておき、予約を抑えておくと安心です。大学でも提携している店でのレンタルを受付けていることがありますが、自分の好みのタイプを選べないことがあるので、個人で着物屋に借りる方が好みの着物を見つけられます。和服を着る際は着物のみでなく他の道具や着付けも必要となるので、そちらのサービスも行っているかレンタルをする店の人に確かめるようにします。

レンタル料金と追加サービスの料金について

着物屋で紋付袴を借りる時にかかる金額は、相場として黒の紋付袴なら2万から3万円台、色物の紋付袴なら4万円台となります。良い着物を借りるポイントとして、1万円台クラスでは探さないようにしましょう。料金が安い着物は古い物や材質が悪い物となるので、着ると貧相な印象になってしまう恐れがあります。晴れの卒業式の日となるので、奮発してお金をかけて良い着物を借りた方が良いです。着物を着るには羽織、襦袢、帯、下駄などの道具も揃えなくてはいけませんが、そちらも着物屋でレンタルできたらお願いしておくようにします。道具も安い金額ではないので、自腹で購入すると高い出費になってしまいます。道具や着付けヘアセットも行っているのなら、着物屋の人に依頼して任せてしまいましょう。

レンタルする当日に店に入る時間について

紋付袴をレンタルする予約を店でとったら、当日の着付けやヘアセットの予約についても早い時間でとれるならお願いしておくのがおすすめです。男性用の着物の着付けるのは女性よりは楽ですが、それでも時間がかかります。着物を着た後は髪型もセットしなくてはならないので、卒業式に慌てて行くことにならないように早い時間帯で予約しやってもらうようにします。当日に着物屋に行く際は私服で赴きますが、その服は店で預かってくれるかも、忘れずに聞いておきましょう。大抵の店は預かってくれるのですが、稀に断られる場合もあります。もしも店が服を預かってくれないとしたら、卒業式会場近くのコインロッカーを利用しましょう。同じような目的で利用する人が多くなる可能性があるので、早めに会場に行き確保するようにします。